交通事故の慰謝料について学ぶ

写真

交通事故の慰謝料について学ぶ

車を運転中に対向車と衝突して怪我をした場合や道路を横断ないし歩行中に車両等に接触して怪我をした場合、交通事故となります。
加害者は、速やかに被害に遭った人を救護して警察に自ら通報すれば自分が犯罪者扱いをされることはありませんが、運転免許の点数が付いて場合によっては免許停止処分を受けることがあります。
交通事故に遭った人は、被害者となって治療費等については原則として車両を運転する人が車を購入時に自動的に加入することになった自賠責保険から賄われることになります。
治療費等について、被害者は心配することはありません。
ただ、問題となることがあります。
自己に遭ったことにより、被害者が有職者である場合は仕事をやむを得ず休業することになります。
交通事故に遭った場合、全ての被害者は精神的損害を補てんしてくれる慰謝料を受けることができるようになります。
この給付は、事故に遭った人が、相手方が加入している保険から打切りになるまでの間発生することになります。
また、有職者が事故に遭った場合、収入を補てんしてくれるものとして、休業補償が発生することになります。
慰謝料と休業補償の二重取りをすることができるようになります。
被害者の怪我の程度によりますが、骨折をした場合については三か月以上が治療期間となるでしょう。
ただ、休業補償については、三か月間が限度となっており、三か月を過ぎた場合は精神的損害を補てんしてくれる給付だけが貰えることになります。

http://baishoukin.com/kijyun/