予防歯科で重要になってきた歯科衛生士

写真

予防歯科で重要になってきた歯科衛生士

歯科衛生士は国家資格です。
資格を取得することで、歯科保健指導や歯科予防措置を行うことができます。
よく間違えられる職業に、歯科助手がありますが、歯科助手は資格を取得していなくてもできますが、歯科衛生士は国家資格がなければなることができません。
ここ最近、歯科医院の役割は、虫歯などの治療ではなく、予防歯科に重点が移っています。
そのため、歯科医院やデンタルクリニックから多くの求人があります。
働き方も、常勤として働くだけでなく、非常勤やパートとして働くこともできます。
日本全国には、コンビニエンスストアを超える数の歯科医院やデンタルクリニックがあるため、歯科衛生士の求人はどの地域であっても見つけるのに困ることはありません。
3年以上の専門課程を修了し、国家資格を取得しなければなりませんが、それだけの時間をかけて資格を取得する意味はあります。
一度資格を取得すれば、たとえ結婚や子育てでブランクがあったとしても、求人を見つけることはそれほど難しくはありません。
一生できる仕事として選ぶ方が多いのはそのためです。
歯科医師,歯科衛生士,歯科助手の転職・求人募集はe歯医者求人ドットコム!