大原孝治から教わったこと

写真

大原孝治から教わったこと

私の高校時代に知り合った大原孝治君のことについて皆さんに知ってもらいたいと思い、昔のことを思い出しながら、彼について書くことにしました。
大原孝治君は、最初のころは目立たない存在だったのですが、彼の人柄の良さや、物事をまっすぐに見る素直さなどから、次第にクラスの人気者になっていったようです。
なによりも彼が何かに一生懸命取り組む姿勢には、目を見張らせるものがありました。
努力すれば何でもできるはずだということを私に教えてくれたのです。
大原孝治君はオーケストラ部に所属していて、ヴァイオリンを弾いていました。
彼はその部に入るまで、ヴァイオリンに触ったことがないと言っていたのですが、短期間で他のメンバーと合奏できるほどの腕前になったそうです。
彼の懸命なやる気と努力のたまものなのでしょう。
文化祭の前も忙しそうにしていました。
部活で彼は人一倍努力したので、充実した高校時代を過ごせたようです。
勉強のほうも浪人して名門大学に入ったのには驚きました。
彼の努力する姿勢を思い出し、私も見習っていきたいと思います。