水素濃度について知ろう

写真

水素濃度について知ろう

今、インターネットの通販サイトでも注目を浴びているのが水素水です。
身体を活性化させ、ダイエットにも良く、健康にもなれるということで注目を浴びている飲料水です。
実際に、販売数も伸びているようですが、疑問に思うのがその水素水における水素濃度というものです。
水素濃度というは、実際に高ければ良いのか、またその最大値はどうなのかという疑問も出ます。
水素水における濃度の最大値は、常温、常圧に置いて水素飽和濃度は約1.6ppmで、水素が溶ける最大値です。
高濃度であるスティックタイプのものは、蓋をしてシェイクをすれば圧力がかかり、高い濃度になりますが、蓋をあけた時には常圧になり1.6ppm以上の水素は抜けてしまいます。
また、濃度が高ければ良いのかというとそうでもなく、効果がでるというわけではないようです。
水素濃度としては適切な濃度である0.6~1.6ppmの水素水を敵的に摂取することが重要になっております。
水素水が注目されるのは、水素には悪玉活性酸素とのみ結合する特性なので、必要な善玉活性酸素を残し、悪玉活性酸素のみを還元してくれるという性質をもっています。
水素が体に良いと期待されるワケが、ここにあるのです。